忍者ブログ
admin≫

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ウイルド・コンパニー」PDF化 

「小説家になろう」というサイトにいくつか小説をUPしていて、先日「ウイルト゜・コンパニー」の全章投稿が無事完了しました。

このサイトは投稿した小説を「縦読み/PDF」に自動変換してくれます。
「ウィル・コン」をUPした第一目的は、このPDF化。
それが最終回を迎えて全章分完成して、今とっても幸せな状態です。
しかも、あとで修正してもPDFも同時に自動更新してくれるのもお得感満載。

本当は、エピソード編の「ラグの長い一日」をUPする予定だったものの、さすがに本編掲載なしで外伝だけUPするのはいかがなものかと思い、まず「ウィル・コン」をUPしたというのが本当のところ。
ラグのエピソードは、本編から数年たった話でもあり、その間にもいくつか重要なストーリーが存在するのにもかかわらず、それらをスキップして書きたいものを、ただただ書いた作者自己満足小説となっています。
常識人タイプのラグが主役ではありつつ、あいかわらずワチャワチャした内容になっています。

まぁ、「ウィル・コン」本編が中学三年生で初めて書いた小説ということでもあり、人一倍思い入れが深いというか、どんな時も望めばいつも脳内妄想ストーリーができてしまう、ありがたいキャラたち。

「泣くな、はらちゃん」というドラマが最近最終回を結構楽しみながら見ていましたが、彼らのように創作世界から飛び出してくるとするなら、きっとユウたちだろうなぁ……と、。
きっと大騒動をいくつも起して「じゃあね~」と去っていくことも想像できる。
会ってみたくもあり、会わないほうがいいとも思える存在。(苦笑)
一度、小説を書いたノートを振ってみようか(笑)





拍手[0回]

PR

今年もよろしくお願いします 

明けましておめでとうございます。

ちょっと遅くなりましたが・・・。
新年のご挨拶を申し上げます。

年末年始は、小説書きにはほとんど集中できず、バタバタバタ・・・と過ごす日でした。
図書館で本を借りることも、レンタルショップでDVDを借りる時間もなかったのが残念。
友達とも会いたかったけど、家族&親戚サービスに日々を費やし・・・。
ある意味、正しいお正月の過ごし方をしておりました。
そして、今日から仕事はじめ。

去年は、《ユナセプラ》外伝もアップできて、ここ最近にしては頑張れた年だったかも、と思うので、今年は本編をしっかりアップしていきたいと思います。

日々是精進

ひっそり書き進めて、HP更新して、パタッと途絶えて、しばらくして忘れた頃に更新。
そんな感じで進んで行くサイトですが、気を長くして今年もお付き合いください。

よろしくお願いします。

三千広瀬

拍手[1回]

嬉しかった~♪ 

実に、個人的なことですが拍手&コメントを頂きました。
ありがとうございます。
コメントに返事をしようと思ったのですが、拍手コメントにはお返事できないみたいなので、個人的な感じになってしまいますが、ここでお礼を。

勢いで一気に書いた初めての二次小説だったため、そっとコメントを頂いたのを読んで嬉しくてドキドキしてしまいました。  

自分のオリジナル小説とは違って、あのお話は読み返すのがたまに怖い自分がいます。
時間もたって、冷静になると「本当に大丈夫かな」って、冷や汗が出る感じ。
原作も、ドラマも、エネルギーに満ちあふれているから、刺激を受けてついあの世界の「IF」を続けたくなるんですよね。

二次小説を基本書かない理由は、もちろん決して嫌いじゃなくて、そちらに妄想脳が働いてしまうと、オリジナル小説の続きに支障が出てしまうから。(苦笑) 

「勘弁してよ~」とMYキャラ達の苦情が聞こえてくる・・・・(>_<)

でも、せっかくコメントを頂いたので、考えてみたいと思います。
オリジナル小説の区切りをつけてからになると思いますし、遅筆の故、あまり早い時期には書けそうにありませんが、期待しないで待っていて下さると嬉しいです。   

ではでは


 


 

拍手[2回]

「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」 


今日、バラエティー番組に明治天皇のご子孫が登場とあったので、興味深く見た。
旧皇族の方々の私生活や仕事のほんのわずかな部分を垣間見ることが出来た気がして、なんだかワクワク。
自分のことではないけれど、ちよっとだけ誇らしく感じるのは日本人だからなのかもしれない。

あー、面白かった。

そう思いつつ部屋に戻って「あれ?」っと、枕もとの本を手にとる。

「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」竹田恒泰(PHP新書)

三日前に買った本。
裏をひっくり返して著者を見て「ええーっ」と一人でびっくり。
今見たテレビの人の本を実は読んでいた自分にびっくり。

目次は
序章 世界でいちばん人気がある国「日本」
第一章 頂きます 『ミシュランガイド』が東京を絶賛する理由
第二章 匠 世界が愛する日本のモノづくり
第三章 勿体無い 日本語には原始日本語には原始日本から継承されてきた〝和の心〟が宿る
第四章 和み 実はすごい日本の一流外交
第五章 八百万 大自然と調和する日本人
第六章 天皇 なぜ京都御所にはお堀がないのか
終章 ジャパン・ルネッサンス 日本文明復興
巻末対談 日本は生活そのものが「芸術」だ 北野 武 × 竹田恒泰

純粋に手にして読んでみて面白くて、立ち読みじゃもったいないので、家でゆっくり読もうと思って購入。
読み進むうちに、天皇の話に流れているなぁ、と思いつつ、でも極論までにはもっていっていなくて、バランスはまあまあかなぁ、なんて感じたりもした。
知らないこともあって、面白く読み、最後に北野武との対談が盛り込まれているのに少し得した気分に。
そういえばタケシは、お正月の特番は毎回「日本」をテーマにした番組に出ていて、毎年けっこう楽しみに見ていることを思い出しながら読んでいた。

書き手がどんな人物なのかわかった今。
もう一度読み返してみようと思う。
きっと別の感想が生まれる気がする。


   

拍手[0回]

《ユナセプラ》外伝「メイハーナの虜囚」第10章(最終章)更新  

外伝「メイハーナの虜囚」第10章~別離~(最終章)をUPしました。

ひとまず終わりです。(疲れた……)
26章後半は、年末年始になるのか、来年のGWか、自分でもわからない。
お話自体はクロッキー帳の中では進んでいるので、これをもとに仕上げていくわけですが、しばしの間お休みさせてください。
ちなみに後半の予告としては、26章にアンネリーゼが登場します。
アンネリーゼとの出会いがルナにひとつの転換点をもたらします。
そして再会も。


連休も終わり、明日からはまた仕事です。
残暑まだまだ厳しいけど、頑張ろう~っと。
ではでは。

   

拍手[0回]

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
[09/03 How long does it take to recover from Achilles injury?]
[09/03 How you can increase your height?]
[09/03 How much does it cost to lengthen your legs?]
[09/03 How long does Achilles tendonitis last for?]
[09/03 Where is the Achilles heel?]
HN:
hirose
性別:
非公開
趣味:
小説書き
自己紹介:
オリジナル小説を書いています。
ファンタジー、SF、等