忍者ブログ
admin≫

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「王妃ココ」みにくい王妃様の物語-6- 

 ある時ココは若者に、どうしてみにくいやけどのあとを持っている自分に優しくしてくれるのかをたずねました。
 すると若者は、ココが想像もしていない話を始めました。

 若者は、とても愛している人がいるというのです。
 彼が愛している人は、生まれたときから目が見えないために、親に捨てられ、育ての親である大地主に朝から晩まで使用人として奴隷のように、こき使われながらも、辛抱強く、明るく生きていた同じ町の少女でした。
 一方、美しく生まれ育った若者は、誰からも愛され、女性たちから愛の告白を受けない日はない日々を過ごしていましたが、みんなが彼の美しく魅力的な外見だけを愛していることを知っていました。
 時々道で出会う目の見えない少女は、彼の顔も姿も知りません。初めて女の子と、ふつうの話をすることが出来ました。それが嬉しくて、彼がこっそりと何度も会いに行って話をするうちに、二人はお互いのことを好きになっていたのです。
 ところが、彼が旅に出ている間に、彼女は町からいなくなっていました。
 若者は家族と別れ、町を飛び出して、商売をしながら、彼女を探していました。
 そんな時にココと出会ったのです。

「外見しか見ようとしない人々から苦しんでいる、そのあなたの心が私の心に重なったのです」
 若者は優しくココを見つめます。
 最初はこの美しい若者の心を捉えている女性がいることに、嫉妬の心を覚えたココでしたが、話を最後まで聞くうちに自分が泣いているのに気がつきました。
 自分はおじいさまに守ってもらい、結婚してお城に来てからは、夫から抱きしめてももらえないうちに見放されて、苦しくて悲しくて世界中で一番不幸だと信じていたのに、それが、とても恥ずかしく思えたのです。
 親に捨てられる人がいること。
 目が見えない人がいること。
 奴隷のように休む間さえなく、お金ももらえないまま子供が働かせられていること。
 そんな人がいるなんて、今まで考えたこともありませんでした。
 そして、その目の見えない人がいたから、若者がココを外見だけで嫌わないで、苦しんでいる心に気づいて、そばにいてくれたことを知ったのです。
 いろいろな感情が混ざって、ココは泣いていました。
 
 

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

It's very trouble-free to find out any topic on web as
compared to books, as I found this post at this site.
この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








この記事へのトラックバック

この記事のトラックバックURL

(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
[09/03 How long does it take to recover from Achilles injury?]
[09/03 How you can increase your height?]
[09/03 How much does it cost to lengthen your legs?]
[09/03 How long does Achilles tendonitis last for?]
[09/03 Where is the Achilles heel?]
HN:
hirose
性別:
非公開
趣味:
小説書き
自己紹介:
オリジナル小説を書いています。
ファンタジー、SF、等